アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2017年12月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

postheadericon 婚約指輪の相場は

指輪の交換

一方、結婚指輪は結婚式の挙式のときに二人が交換するペアの指輪で、二人の誓いの証である指輪です。
結婚後は通常日常的につけることになるので、デザインとしてはどのようなシチュエーションでも対応できるようなシンプルなものが多いです。
ではそれぞれの相場はどのくらいになっているのでしょうか。
まず、婚約指輪から見ていきましょう。
かつては給料の3か月分などといわれていた時代もありました。
実際はカップルによって様々なようです。

結婚指輪の選び方
一方、結婚指輪の相場は二人分合わせて10万円から25万円が一般的な相場となっているようです。
結婚指輪は今後何十年もつけ続けるものとなるので、デザインを決めるときはよく考えて決めておきたいものです。
まずは、年を重ねてもつけていられるもの、飽きの来ないシンプルなものというこの2点は絶対に押さえておくようにしましょう。
もう一つ大切な事としては、ずっとつけておくということはそれだけキズがつくということになるので、キズが目立たないものにしましょう。

婚約指輪
愛する人からプロポーズされる時に、既に彼が婚約指輪を選んでプレゼントしてくれる場合もあれば、結納の時に婚約記念品として指輪をプレゼントしてくれる場合もあります。
人によっては、婚約指輪をもらうことはとってもロマンチックだから絶対プロポーズの時にほしいという人もいますが、自分で選びたいから一緒にお店に買いに行ってほしいという人もいます。
また、人によっては、婚約指輪は要らないから、新婚旅行をゴージャスにしたいとか、新居の家具をよいものにしたいと思うでしょう。

交換する結婚指輪
しかし、婚約指輪と違って結婚指輪は必ずほしいというカップルがほとんどです。
どうしてかというと、結婚式の時に指輪の交換の儀式があるからです。
指輪が丸い円なのは、永遠を意味しているからです。
ですから、永遠に愛が続くようにという意味も込めて結婚指輪を交換するのを夢見ている人も多いのです。
そのような深い意味が込められた結婚指輪は婚約指輪とは違い、必ず二人で一緒にお店に行き、選ぶことが多いです。
記念として、二人のイニシャルや挙式日を刻印してもらうカップルも大勢います。

どのブランドがよいか
さて、実際に婚約指輪や結婚指輪を買うとなったら、どこのブランドがよいのでしょうか。
それは、それぞれのカップルによりけりです。
しかし、人気があるのは、ティファニーやカルティエ、ブルガリ、ハリーウィンストンなどです。

年齢別でも違い、20代はティファニーやカルティエ、30代はブルガリ、40代はハリーウィンストンが多いです ダイヤモンドやプラチナの質やデザインなどを考えてそのような年齢層になるのでしょう。